もっと軽いチムニーケトル Titanium Goat Tii Kettle

そのへんの枝や葉っぱを燃やして素早くお湯を沸かせる軽量チムニーケトル、前回ご紹介したBackcountry Boilerをぶっちぎる最軽量モデルがTitanium Goatから発表されています。

SSCN1231-1.jpeg

Titanium Goat Tii Kettle ( 5.6 oz. / 159g )

なんとその重さ159g。Backcountry Boilerの最小構成227gと比較して68gもの軽量化が図れます。見た目がなんともアレですが、ポットがチタン製、チムニーの内筒がアルミ、上部はなんとカーボンでできています。容量は530ml。

本体ポットの見た目は通常のチタンポットのようですが、底面のど真ん中に穴があいてアルミの筒が仕込まれておりここに熱が通ることで熱効率を高めます。

201103232146.jpg

パッキング時はかなりコンパクトにまとまります。組み立てはブルーのラバーパッキンで風防を固定するようです。

201103232147.jpg

Backcountry Boilerの劣化コピー版として悪名高いmKettle (ややこしいですね)との比較写真。

201103232148.jpg

見た目としてはつややかに光るカーボンの蓋だけが唯一の救いでしょうか。 この蓋は取り外しできるのか不明ですがもし取り外しができるとすると湯沸しだけでなく調理にも使えそうなのがメリットかもしれません。

気になるお値段は$130ですが残念ながら今のところ発売されるのかどうかも未定だそうです。気長に待ちましょう。

dyogBlogはハイカーによる東北太平洋沖地震復興支援に賛同しています。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply