温水を循環させて暖かく眠れる驚異のスリーピングパッド BLACKCAN

真冬のキャンプではシュラフを暖かくするよりもまずは背中のスリーピングパッドを強化したほうが地面からの冷気を防げて効果が高いそうです。BLACKCANはガスストーブで沸かした温水を循環させることで暖かく眠れる驚異のスリーピングパッドです。以下、hiking-camping-world.comより。

Heat-Camping-Mat.png

BLACKCAN

この今までにない革新的なアイデアのスリーピングパッドは、温水がスリーピングパッドのエアクッションの中を循環して常に暖かく快適に過ごせるのだそうです。

温水は40℃から60℃の範囲で調整可能。1時間で28gのガスを消費するので230gのガス缶で約8時間の保温が可能。自動温度調整装置も付いているそうです。−15℃の環境からの使用を推奨。音も煙も光も発しないので静かに安らかに眠れるのだとか。

p2_1.jpeg

使い方はまず燃料カートリッジを接続し、上部の蓋を開けて水を満たし、マットにつながるバルブを開放します。そして温度を適切に調節し数分するとマットが暖かくなってくるそうです。

p2_3-1.jpeg

こんな快適ベッドで眠れるのなら、厳しい冬山でも安心ですね!

You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply